頭頂部ハゲになぜツゲインが効果的か

ツゲインはAGA治療薬として高い効果がある、ロゲインのジェネリック医薬品です。
ロゲインを毎日使うとなると、かなりの出費になりますが、ツゲインなら入っている成分は同じにもかかわらず安いので、少しでも出費を抑えたい方におすすめです。
ロゲインと同じく、ミノキシジル含有の塗布タイプ育毛剤なので、初心者にも扱いやすいのが特徴で、頭頂部ハゲに効果がある薬です。
およそ3か月程度で発毛効果があらわれる方が多く、使用は満18歳以上に限られています。
ミノキシジルの含有量が5%と2%という2種類が発売されていますが、男性は5%を選び、女性は2%含有のツゲインを使用するようにしてください。

ツゲインを使うときは塗りすぎに注意し、目などの、頭皮以外の部分に付着しないように気を付けなければなりません。
塗りすぎても効果がアップすることはありませんし、副作用の危険性が増すだけなので、用量を守って使うことが大切です。
ワックスなどの整髪料を使うのはかまいませんが、ツゲインが乾いた後につけるようにしないと、頭皮への浸透が不十分になる可能性があります。
有効成分をじっくり頭皮へ浸透させるため、塗布後4時間は洗髪をしないように注意しましょう。

頭頂部ハゲになぜツゲインが効果的かというと、休眠状態にある毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化することにより、発毛を促進出来るからです。
ただし抜け毛を防ぐことは出来ないので、それが可能なフィナステリドで脱毛を防止しながら、ツゲインを頭皮に塗るという方法により、絶大な効果が期待できます。
発毛がどれだけ促進されても、抜け毛が減らなければ、薄毛解消の実感がわかないので、早く結果を出したい方はフィナステリドと併用するようにしましょう。