抜け毛と生え変わりの見分け方

ツゲインという商品をご存知でしょうか、主に頭頂部の薄げに効果的といわれている育毛薬です。
ツゲインは、ミノキシジル含有の育毛剤で、血管を広げる薬として開発されましたが、育毛の効果があり、育毛剤としてしようされるようになりました。
育毛剤として、よく聞くロゲインや、リアップという商品名で売られている商品のジェネリック製品が、ツゲインになります。
リアップよりも安価に購入できるということと、初心者も使いやすいといわれています。
ツゲインは、ミノキシジルで血液の流れをよくし、フィナステリドで脱毛を防ぎます。
抜け毛を防止し、発毛を促進するのですから、使用していただくと、抜け毛が減ってくるのがわかると思います。
しかし、抜け毛の中にも、良い抜け毛というのがあるのです。
髪には成長が止まってしまうと、新しい毛に置き換わるために抜け替わる、良い抜け毛というものがあります。
太くて丈夫な抜け毛は、良い抜け毛。
細くて頼りなさそうな抜け毛は、悪い抜け毛です。
つまり、良い抜け毛のあとには、良い新しい頭髪が生えてくるという事になります。
悪い抜け毛による、AGA(男性型脱毛症)によって、薄毛が進行するのですが、AGAの多くが、髪のヘアサイクルの気管を短くしてしまうのです。
正常のヘアサイクルの一周は、2年~6年で抜け変わるといわれています。抜けかわりも、毛母細胞(髪のもとを作る細胞)が、一升のうちに、40~50回分裂を行うといわれていますので、だいたい80年は、髪の抜け代わりがあることになるのですが、
AGAの方は、このさいくるが、1.5~1年で抜け替わってしまうといわれています。
つまり、良い抜け毛をつくり、髪のサイクルをのばすことが、増毛、育毛につながるのです。