抜け毛対策に血流改善法がオススメ

抜け毛に気づいたら、深刻な状態で悩むようになる前に早めにケアすることが大切です。
枕についている髪の毛が増えてきたり、何となく頭皮が脂っぽく感じたり、フケが増えてきた。
嫌な臭いがする。
頭皮がピンク色になってくるのも、抜け毛薄毛の前兆だそうです。
こうした症状に気づいたなら、まず何をしたら良いのでしょうか。
抜け毛の原因としては、たとえば睡眠不足やジャンクフードの食べ過ぎ、運動不足などがあります。
意外なところでは、夜にシャンプーしない朝シャンというのもあります。
朝シャンはシャンプーで頭皮をきれいにして外出することができるので、気分的にはスッキリして良いと思う方が多いようですが、実際には髪の健康にとって良くないということがわかっています。
髪の成長を促す成長ホルモンが分泌されるのは夜の10時から12時。
シャンプーされていない頭皮の毛穴は汚れと皮脂でつまってしまっていて、成長ホルモンが髪に行き届かないので、髪が成長せず抜け落ちてしまうのです。
これらの抜け毛の原因を考えてみますと、いずれにせよ髪に栄養が届くように頭皮の血流をよくすることが必要なことがわかります。
そこで、抜け毛が気になりだしたなら、まず、血流改善法に取り組んでみましょう。
シャンプーをするときに頭皮マッサージをしたり、ツボ押しも効果的です。
育毛剤のなかではツゲインのようにミノキシジルが配合されたものを選ぶと血流が良くなり、頭頂部が薄くなってきてしまったような場合でも効果が期待できます。
ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品で、同じ効果ですが安価で入手することができます。
ロゲインのように男女別の製品になっていないので、ツゲインを女性が入手する場合には含有量2%の低いものを選ぶ必要があります。